home > runnersblog > Hiroki Yasumune

安宗裕記
安宗裕記

Hiroki Yasumune

安宗 裕記 : デザイナー、TEAM『G.I.R.A.』

GYAKUSOUを纏い走るTEAM『G.I.R.A.』のグルマン。『食べる為に走る』がモットー。レディースブランドのディレクションをする傍ら、海外に日本食文化を広める為に日々勉強中。フルマラソン自己ベスト3:40:56。

2014 年 3 月 のアーカイブ



NIKE FLYKNIT LUNAR2

[14.03.06]

東京マラソンに使おうと持って用意していたこのFLYKNIT LUNAR2だけれど
実際は大会には間に合わせられなかったのが残念でした。
けれど大会後のルーティーンシューズとしてはこのシューズが定着すると思う。
先代のFLYKNIT LUNARよりもホールド感がアップして外側に逃げていた力をちゃんと
伝えてくれる様な気がしますし、ソールも形状が変わってしっかりしたイメージです。
先代のフィールフリー感が好きな人にはどうか分からないけれど
FLYKNITの軽さやフィール感はちゃんと残っています。
先日友人がシューズを探していたのでお勧めした1足です。
LUNAR2
凄く走り易いです。

東京マラソン2014年

[14.03.06]

1年ぶりにフルマラソンの大会にエントリーした東京マラソン2014年。
それが冬の大会初めてで当日朝まで何を着て走ろうかとあれやこれやと悩みまくる。
ついついあのホノルルマラソン(ホノルルマラソンしか出た事は有りません。)
と比べてしまうくらい全く違うこの環境に僕のスタイルには何処が合うのかなど面倒な程色々考えてました。
それも最後の頼みの2月の週末練習でロングを稼ごうと思っていたまさかの2週末が大雪で出来ず、
因に2月9日の出場予定だった桐生ハーフマラソンは雪のため中止でした。
そして不安を抱えたまま前日も雪で中止にならないかなとか子供の様な事を良いながら走ってきました。
皆1度は走った方が良いと云うこの東京マラソン。
正直僕は楽しめたかと云うとそこまでの余裕がなかったのが残念な所ですが9kmから25kmまで榎本君と
一緒に走ったり、14km辺りで苦悶の表情の荒井さんとすれ違ったり、32km地点で辛そうなテツクンと会ったり、
応援に来てくれた子と3回会えたりと今考えるととても楽しいレースだったなとしみじみ感じました。
タイムは3:45:28と全く揮いませんでしたが、振り返った練習量を考えたら良しとします。
来年もまたトライしてみたいです。そんな東京マラソンでした。
色々応援して下さった方々に感謝です。
ありがとうございました。

tokyom0
スタートからはかなりスムーズに行けました。

tokyom1
約9KM地点での榎本君と。

tokyom2
もちろん打ち上げはWOLFGANG STAKE HOUSEで。