home > runnersblog > Eri Imoto

井本枝里

Eri Imoto

井本枝里 : X-girl sales

1987年三重県生まれ。2012年より朝RUN生活を始める。2014年春から名古屋市栄のショップスタッフランナーを中心にチームを結成し、夜RUN活動もスタート。2016年春、X-girl名古屋から都内オフィスに異動。
フルマラソンベスト:3時間46分10秒(名古屋ウィメンズマラソン2015)

ナゴヤウィメンズマラソン2015

[15.03.12]

ナゴヤウィメンズマラソン2015無事に終わりました!!

DSC_0966

結果はネットタイム3時間46分10秒

自己ベストタイムを更新することができました!

 

正直自分でも予想外の記録更新で、びっくり!!

走って良かった~という気持ちと、言葉では言い尽くせないほど、周りの方への感謝の気持ちでいっぱいです。

3.46.10

今回はひたすら『我慢』を唱え続けたレースでした。

マラソンとは、ただ走るだけの競技ですが、とても奥の深いスポーツですよね。

ここで私が今回、記録更新できた要因を私なりに振り返ってみようと思います。

 

要因

・レースに備えて選んだギアすべてが、マッチしたこと

・スタートした瞬間から、ゴールの寸前まで『我慢』し続けることができたこと

 

まず、シューズはNIKEフライニットルナ3にしました。

実はレース2日前に決めたのですが、レース前の長距離練習20k、30kはすべて、NIKE ルナスピードアクセルを使ってました。

ただ普段20k以上走ることがないので、さすがに25k過ぎると足が重くなってくる感覚があり、

ルナスピードアクセルは私の脚には長距離だと負担が大きいんじゃないかと少し不安でした。

そこで、NIKEから新作でフライニットルナ3が出ることを知って、気になってゼッケン引換の前々日にQUESTさんで試着し、思い切ってルナ3で走ろうと決めました。

DSC_0938

何よりこのカラーの可愛さに魅かれました!きれいなティファニーブルー!

レース直前でシューズを変えるのはリスクが大きいのでお勧めすることはできないですが、前回と前々回とフライニットルナ2で走っていたので、あまり不安はありませんでした。

 

もう一つ、今回選んだレース中のエネルギーサプリメントは『アミノバイタル』シリーズ。

私がいつも選ぶ基準は、少量でいかにエネルギー(カロリー)が高いか、のみでした。

前々日のマラソンEXPOのブースで、たまたま味の素の栗原さん(通称ビクトリー栗原さん)に直々にお話を聞いて、教えを頂き、アミノバイタルのシリーズに決めました。

”エネルギーは確かに必要ですが、筋肉を動かすアミノ酸が、足りてなければ意味がない!!”

栗原さんは車に例えて、”ガソリンが満タンでも、タイヤがパンクしていては、前に進まない!!”

とのこと。うーん、納得。

20km地点でアミノバイタルパーフェクトエネルギー、30km地点でアミノバイタルSUPER SPORTSとることに決めました。

ただ前日に、この2つを持って走ってみたら結構重くて、負担があったので、2個目のは27km地点応援してくれる家族に預けることにしました。

(どうやらこのビクトリー栗原さん、日本のナショナルチームのサポートを担っている凄い方でした!)

あと、これはランニング仲間の武部さんに3年前に教えてもらった『塩熱サプリ』を8粒ポーチに入れました。

 

ウェアは、GYAKUSOUノースリーブのトップスに、4年間愛用しているCW-Xのタイツにしました。

最高気温が15度以上の予報に備えて、思い切って今まででウィメンズマラソンで一番の薄着です。

 

たくさん選択肢のあるギアの中で、自分の選んだものが、結果的に今回すべてマッチした気がします。

結果論ですが、それも周りの先輩方のアドバイスや、4回目のフルマラソンで自分なりに経験してきて学んできたことを、生かすことができたのだと思います。

 

もう一つの要因については、また次回書こうと思います。

次は42.195kmを走る中で、感じたことを。。。